TESOLについて

Category:未分類


九段英語学院の講師は、コロンビア大学でTESOL(Teaching English to Speakers of Other Language)修士号を取得した、英語が母国語の先生達です。
英語を母国語としない人々への言語教育理論(TESOL)を熟知する専門家であるとともに、日本人への英語指導実績が豊富で、優れたノウハウを持っています。


TESOLとは?

TESOLとは、Teaching English to Speakers of Other Languagesの略で、文字通り英語が母国語でない人への英語教育方法とその資格/学位のことです。日本では、語学教育従事者以外には殆ど馴染みのない資格/学位ですが、国際英語教育の世界では、講師の学術レベルの証明として普及しております。

TESOLの学位は、Certificate(修了資格)、Diploma(学士)、Master(修士)、Doctor(博士)など、比較的簡単に取れるものから取得が難しいものまで様々提供されています。一般的に、Master(修士)以上の学位が国際的なTESOL学位として認められており、その他は、国際的な共通の学位ではなく、学術レベルに関しては証明することが難しいのが現状です。

当校の講師は、全員が、英語教育法の分野でも世界のトップクラスにランクされている米コロンビア大学日本校で学び、TESOL Master(修士)を取得しています。更に、それぞれが豊富な指導キャリアをもち、一番短い講師でも7年間の英語教授歴をもっています。九段英語学院では、全員が国際的にも学術レベルが証明された、一流の講師を揃えています。


九段英語学院講師の3つの特徴

第一に、講師が英語という言語の成り立ちを勉強し理解していることです。例えば、発音であっても、どういうメカニズムが伴う発音なのか、生徒がどういう間違いをしやすいかを理解しているため、生徒に対して適切なアドバイスをすることができます。これを習得していない講師は、生徒がひたすら繰り返してみて近い発音になることを待つだけですが、九段英語学院の講師は、原因を指摘しどう修正するかを指導できる訳です。

第ニに、言語の成り立ちを理解しているだけでなく、講師はその知識をクラスに実践適用することができます。TESOL修士/博士の修了課程では、模擬授業のレッスンを通して、他学生や教授からの指導/フィードバックを受けながら、最も効率的な授業進行方法を勉強します。TESOL修士/博士の課程を経ていない講師は、このような客観的指導を得ることができないため、誤った指導方法を何度も何度も繰り返してしまう可能性が有りますが、当校の講師はそのようなことはありません。更に、英語講師として実践の場で培った豊富な経験も合わせ、上質な授業を提供することができます。

第三に、プロフェッショナルの英語講師として、英語教授法の研究を続けていることです。これはTESOL修士/博士の修了課程で必須とされているのはもちろんですが、修士/博士課程を修了した現在でも、膨大な研究成果のデータベースへのアクセスを許されています。更に、九段英語学院の講師は、学会や人脈を通して最新の英語教授理論を学び続け、それをクラスで実践適用することで、常に進化した英語教授法を提供することができます。

 




2013年7月27日 土曜日 2:29 PM Category: 未分類.