グローバル人材育成には英会話力が不可欠だ

Category:未分類

2013年1月25日(金)日本経済新聞に、面白コラムがあった。日本のグローバル人材育成のためには、東京大学に英会話入試を導入すればよい、というもの。

グローバル人材に必要な要素は色々あるだろう。ただ世の中が痛切に求めているのは複雑なことではない。英会話力だ。文科省もそれなりに努力してきた。<中略>だが全く力不足。英会話力の国際比較でも日本は163ヶ国地域中、135位。グローバル戦線で勝てる訳がない。日本は沈むだけだ。

厳しい意見だけれども、仰る通り!

英会話力の向上のためには、会話だけを練習すればよいというわけではない。会話の練習だけでは、英語をつかった高度なコミュニケーションをとることはできない。道を聞いたりご飯を頼んだりする分には困らないかもしれないが、仕事や学問で使おうと思ったら、基礎力に裏打ちされた英語力が必要になる。つまり、文法・単語・読解・聴解の力が合わさって、仕事でも学問でも使える英語力が身に着くのである。その目安はTOEICであれば900点。毎日コツコツと勉強する以外にはない!

↓全文はこちら




タグ:

2013年1月28日 月曜日 3:57 PM Category: 未分類.