発音、イントネーション、リズムの理解

Category:英語勉強情報のまとめ, 基本文法

※このページでは、必ず理解してほしい知識やお得な情報をまとめています。目次はこちら

英語を身につけるならば、発音の理解は避けては通れません。
発音が分からなければ、TOEICのリスニングセクションで良い点数が取れません。それどころか、正常な英会話をすることもままなりませんし、これからの学習にも大きな支障がでます。とにかく、発音が分からなければ大変なことになります!発音は、学習の最初の段階で、絶対に理解しましょう。

・使用教材

Pronunciation-English.com

・お勧め学習方法

1. リズムの理解
2. ストレス(強勢)の理解
3. イントネーションの理解
4. 子音の発音の理解
5. 母音の発音の理解

大事な5点を、分かりやすい順番で取り上げました。「リズム」「ストレス」「イントネーション」で、ざっくり英語の話され方を理解してください。その後、「子音の発音」「母音の発音」で細かい発音の違いを理解しましょう。各ページの解説もしっかり読むこと!そしてなによりも、全ての項目を自分で発音しながら学習すること、これが一番大切です。

「子音の発音」「母音の発音」は、フォルダのマークを開いて上から順番に学習しましょう。

赤丸で囲っている部分をクリックすると、音声がでたり動画が流れたりします。

必ず、音声や動画を参考に、自分で声にだして発音をしてください。本物と近い発音になるように、耳や口に意識を集中しましょう!
こう言っても、頑なに発声をしない方が多いですが、必ず!絶対に!本物の真似をしながら!発声してください。インプットだけでなくアウトプットもすることで、学習の効果が飛躍的に高くなります。今後の学習は、音読や発声をしながら進めて行くことが殆どです。

・目標

「英語の発音はこういう決まりなのか!」「こんな発音があるのか」ということを把握し、発音記号をみたらなんとなく自分で発音できるようにしましょう。
たとえば、これらの単語、発音記号をみて、

walk[wˈɔːk] – ウォーク
work[wˈɚːk] – ワー

と発音できるように!(厳密にいえばそんなに単純なことではないですが、今のところはこれで良いです。)
なお、この発音を逆だと間違えている人がいますが、発音記号を勉強したら、そういう間違いはやめましょう!
それと、このwebページだけで発音を完璧に習得するのはほぼ不可能ですし、1回みただけでは理解できないでしょうから、細かいことはあまり気にしないようにしましょう。これから勉強を進めていく上で分からない発音記号が有れば、何度もこのページを参照してください。

※このページでは、必ず理解してほしい知識やお得な情報をまとめています。目次はこちら



タグ:

2013年1月9日 水曜日 3:53 PM Category: 英語勉強情報のまとめ, 基本文法.