TOEIC対策・やり直し英語にお勧めの本・テキスト・教材など

Category:英語勉強情報のまとめ, おすすめの教材


※このページでは、必ず理解してほしい知識やお得な情報をまとめています。目次はこちら

英語学習本は、不必要なほどたくさん、世の中にあふれています。
TOEIC対策本に絞っても、多すぎて選べないくらいです。

正直に言って、TOEIC対策であれば、どの本で勉強をしても大して変わりはありません。
実のある勉強ができていれば、どの本を使っても、TOEICのスコアは上がるでしょう。
どの本も、ほとんど同じような事を、別のアプローチで纏めているだけですから。

とはいえ、「好きな本で勉強してください」では、あまりに不親切ですね。
ここでは、TOEIC対策・英語のやり直しにお勧めの教材を紹介します!
大きく分けて、「文法書」「問題集」「単語本」の3種類です。


文法書

TOEICの文法は、ほとんが中学文法の範囲です。中学文法は、必ず、正確に理解しなければなりません。
高校文法の範囲は、「仮定法」と「分詞構文」くらいでしょうか?

文法書は、レベルや好みに応じて以下の本を使用してください。

この本は、文法の基礎となる中学英文法がざっと確認できます。中学文法に不安がある、どこから勉強をはじめて良いか分からない、という方は、まずはこれ!
「現在進行形」「受身」「比較級・最上級」「関係代名詞」「分詞」などをキチンと理解しましょう。目安はTOEIC500点台くらいまで。

Grammar in Useは、英語で英文法が勉強できる、おススメの文法書です。
Basic Grammar in Useは、初級編、TOEIC700点くらいまでの方が目安です。
だいたい中学英文法の範囲が主です!
おススメの使い方は、こちらをご参照ください。

Grammar in Use Intermediateは、中級編。しっかりやりきれば、TOEIC900点も十分目安です!
おススメの使い方は、こちらをご参照ください。

言わずと知れた、超ベストセラー英文法の参考書。問題演習を繰り返しながら、分からないところがあればFORESTの該当部を確認する、という使い方をお勧めします。


問題集

TOEIC公式問題集で十分!

他の問題集もやりたければ、持っている公式問題集が全部できるようになってからやったほうが良いです。
当校で補助プリントを用意していますので、それを使うのも良いですね!

2016年2月時点で、Vol.1~6まで出版されています。どれも持っていなければ、新しいVol.5からやるのが良いでしょう。既に持っているものがあれば、それからやりましょう!


単語本

単語本は、学習者のレベルに応じて使い分けが必要です。

TOEIC500点に満たない程度の方は、単語帳よりも先に、中学文法書をやってください。中学文法書で分からない単語がでてきたら、漏れなく覚えること!中学文法が分からなければ、単語を覚えても効果が薄いです。
覚え方は「単語カードの作り方」を参考にしてください。

中学文法書が問題ない場合、以下の2種類で勉強法を分けることがお勧めです。

(1) 1日1時間くらいしか勉強できない方

TOEIC公式問題集を解きながら、分からない単語が出てきたら、漏れなく覚えましょう。

(2) 1日1時間30分以上くらいは勉強できる方

TOEIC公式問題集を解く時間を確保しながら、余った時間で、レベルにあった単語帳を進めるのが良いでしょう。以下を参考にしてください。

・DUO3.0+復習用CD
TOEIC700点くらいまではこれで行きましょう、超ベストセラー!
欠点は例文がちょっと難しいことですが、それでも、良い本です。

・究極の英単語シリーズ
「DUO3.0」をやっていなければ「究極の英単語Vol.2」から、「DUO3.0」を終わらせていれば「究極の英単語Vol.3」から始めるのが良いでしょう。TOEIC対策としては、「究極の英単語Vol.3」を終わらせれば十分です。

以上、TOEIC対策おすすめ教材でした!
限られた冊数しか紹介できていませんが、もちろん、他にも良い教材はたくさんあると思います。
何冊も持っていてもしょうがないので、買った1冊を最後まで使い切りましょう!それが一番大事!

今後、何かあれば追記していきます:)

※このページでは、必ず理解してほしい知識やお得な情報をまとめています。目次はこちら




タグ:

2013年7月5日 金曜日 8:20 PM Category: 英語勉強情報のまとめ, おすすめの教材.