当校のご紹介

九段英語学院が目指すもの

九段英語学院では皆さまに「英語でのコミュニケーション力」を身に着けて頂きたいと思っています。これまで中等教育でインプットしてきた英語をアウトプットできるようになるだけではこれからの国際化の時代では通用しません。
残念ながら外国人の多くは「日本人は英語が話せない」「話しかけても逃げてしまう」という印象を持たれています。
2020年東京オリンピックに向けて様々な国から外国人が来日をすることでしょう。
来日するのはアメリカやオーストラリアなどの英語母国語話者だけはありません。
九段日本語学院の国籍分布図をご覧頂ければお分かりの通りヨーロッパ・南米・アジア・中東など様々な国の方が来日されます。

九段英語学院での英語とは母国語話者との英会話に特化致しません。
様々な国の外国人とコミュニケーションが出来ること。それが私達の目指す英語です。

当学院では様々な国の講師が、言語だけではなくその文化背景もお伝えします。
私達は、「英語力を身につけたい方」と「コミュニケーション力を身につけたい方」をサポートする英語学院です。

皆さまに合ったコースの提案

当学院は外国の方とコミュニケーション力を身につけて頂ける学習法です。
ただ、皆さまのレベルや目的などによって学習方法も違えば、到達点も違います。
お一方お一方に合わせた学習方法を提案させて頂きますので九段英語学院で皆さまも学んでみませんか?

唯一無二の英語学院

当英語学院は日本語学校と併設された英語学院です。
校内は多国籍の留学生で溢れているのでまるで海外留学をしているかのような雰囲気を感じて頂けるかと思います。留学生との交流制度やエクスチェンジパートナー、ホストファミリー登録など日本語学校と併設している英語学院ならではのサービスが満載です。
英語力を身に着けて、早速留学生とコミュニケーションを取ってみませんか?

Point! なぜ日本人は英語が話せないのか?

主な理由は、「基礎英語力の欠如」と「学習量の不足」だと考えられます。
英語を話すためには、語彙力と文法力が不可欠です。”英語を話して円滑なコミュニケーションをとる”ためには、中学高校の授業で習った単語や文法をしっかりと身につけなければいけません。TOEICの点数でいうならば、900点程度の基礎英語力(語彙8000語+中高文法)となります。英語を話して高度なコミュニケーションをとるためには、語彙と文法の基盤が不可欠なのです。

さらに、日本語母国語者が英語を修得するには、概ね3,500時間-4,000時間の学習が必要だと考えられます。それに対して、英語学習者の多くは、英語の学習時間が圧倒的に不足しているのが現状です。中高の授業で1,000時間弱、それに加え、検定試験や大学受験、大学の授業における英語学習の時間を含めても、到底3,500時間-4,000時間には及びません。日本人が英語が話せない理由は、単純に、英語に触れ、英語を話す量が少ないからなのです。

当学院では、日本人が英語が話せない主な理由は、以上の2つだと考えます。そして、その解決方法は、適切な方法で継続的な学習をつづけていく以外にありません。九段英語学院での学習で、コミュニケーションをとるための英語力を身につけましょう。