分詞の説明(2)_分詞構文

Category:英語勉強情報のまとめ, 理解不足の多い文法事項


※このページでは、必ず理解してほしい知識やお得な情報をまとめています。目次はこちら

分詞(1)の続きです。
今回は、分詞構文を勉強しましょう。ルールさえ覚えて慣れてしまえば、難しいことはなんにもありません!
何度も言いますが、ルールを頭にいれたあとは、
問題演習を繰り返して、身体に染み込ませて下さい。

生徒様へ、分からないことがあれば、ご質問ください!
全部解説します!

pdf版はこちら

○分詞構文とは

従属節と主節からなる2つの文を、分詞をつかって1つの文にまとめる。

Being sick in bed, she couldn’t attend the meeting.

従属節 Because she was sick in bed,
主節 She couldn’t attend the meeting.

○分詞構文の作り方

(1)接続詞を消し、
(2)従属節の動詞を分詞に変え、
(3)主節と従属節の主語が同じであれば従属節の主語を消す。

○例文

・現在分詞、且つ、主節と従属節の時制が同じ場合
Walking along the street, she met her father.
When she was walking along the street, she met her father.

・現在分詞、且つ、従属節が主節の時制よりも過去の場合
Having left his purse at home, he cannot buy it.
Because he left his purse at home, he cannot buy it.

・過去分詞(受動態)、且つ、主節と従属節の時制が同じ場合
(Being) Told a lie by him, she still believed him.
Though she was told a lie by him, she still believed him.

・過去分詞(受動態)、且つ、従属節が主節の時制よりも過去の場合
(Having been) born in the country, he likes country music.
Because he was born in the country, he likes country music.

・従属節と主節の主語が異なる場合
It being fine, we went on a picnic.
Because it was fine, we went on a picnic.

There being nothing to do, we continued playing tennis.
Because there was nothing to do, we continued playing tennis.

などなど。

○その他

・元の文から分詞構文へ、また、分詞構文から元の文への変換に慣れましょう。
・消された接続詞は、従属節と主節の関係から常識的に導き出しましょう。

※このページでは、必ず理解してほしい知識やお得な情報をまとめています。目次はこちら




2013年10月18日 金曜日 9:18 AM Category: 英語勉強情報のまとめ, 理解不足の多い文法事項.